負担の少ない施術|ニキビケアやシミの除去に最適!レーザー施術も受けられる美容皮膚科
レディー

ニキビケアやシミの除去に最適!レーザー施術も受けられる美容皮膚科

負担の少ない施術

女性

切らない治療が増えてきました

年齢を重ねると、下垂した眼瞼脂肪が目の下の皮膚を前に押し出してくるようになります。なぜそうなってしまうのかというと、加齢の影響で眼瞼脂肪を支えている筋肉が衰えてしまうためです。若くて皮膚にハリがあるうちは、多少眼瞼脂肪に押されることがあったとしても、皮膚がそれを跳ね返してくれます。でも、年を取ると皮膚そのものがゆるんでしまうようになるため、目の下の皮膚がだらんとたるんでしまいます。実は、この垂れ下がった皮膚の下に生じた影が、黒くまを作り出している場合が多いのです。以前は、この影を生じさせないようにするために、下垂した脂肪とたるんだ皮膚を切除する美容整形手術が行われるのが一般的になっていました。しかし、皮膚にメスを入れるリスクは決して小さいものではないため、最近ではメスを用いない方法の美容整形手術を受ける人が増えてきています。

メスを用いない治療について

くま治療のために昔からよく行われてきた美容整形手術は、下眼瞼脱脂術という名前の手術です。これは、下まつげの生え際に沿ってメスを入れ、そこから内部処理を施した上で余分な皮膚を切除して縫い縮めるという美容整形手術です。この方法であれば、目の下に黒くまを生じさせている原因そのものをスッキリと除去してしまうことができるので、確実にくまをなくすことができます。でも、皮膚にメスが入れられますから、体が受けたダメージを回復するためには長めの時間がかかります。また、それほど目立たないとはいえ、傷跡も残ってしまいます。それに対して、近年よく行われるようになった経結膜脱脂術という名前の美容整形手術の場合は、皮膚に傷が一切つきません。下まぶたの裏側の結膜に小さな穴を開け、その穴からたるみを生じさせる原因になっている脂肪を除去するという手術なので、傷の治りが早いというメリットがあります。また、肌表面には全く傷跡が残らないため、多くの人がこの方法でくま治療を受けています。